荒唐無稽な空想

5 の例文 (0.00 秒)
  • 泥酔に至る一歩手前で、安藤はそんなふうな荒唐無稽こうとうむけいな空想をもてあそんでいた。 ...
  • それでなくてさえ空想力の強い伯爵の頭の中には、いろいろの料理に関する荒唐無稽な空想がしきりなしに浮んでは消えた。 ...
  • それでも、さすがに乳母の生きている間は、彼のこの奇妙な空想も、単に空想にとどまっているのみで、しごく平穏無事だったのですが、この乳母が亡くなって、だれ一人彼を制肘せいちゆうする者がいなくなったとなると、勃然ぼつぜんとして彼の荒唐無稽な空想は実際にまで移されてきたのです。 ...
  • もっとも清家清氏のように、この説話はかならずしも荒唐無稽な空想ではなくて、気象学的にも歴史的にもちゃんとそれなりの根拠があるという論者もいる。 ...
  • されば、風間伍六かざまごろくがあの日、ゆくりなくも手に入れた花束から、つぎに述べるような奇々怪々な事件が繰りひろげられたとしても、必ずしも筆者の荒唐無稽こうとうむけい空想癖くうそうへきとのみ、断じらるべき筋合いのものではないであろう。 ...