荒唐無稽な作品

10 の例文 (0.00 秒)
  • 長らく荒唐無稽な作品として軽視されていたが、20世紀以降再評価されるようになった。 ...
  • 主な舞台は伊豆半島沿岸部から国内にとどまらず、荒唐無稽な作品世界が展開する。 ...
  • また同じ競技でも試合展開のリアリティを重視した作品、必殺技を繰り出すなど荒唐無稽な作品、競技ではなく選手の人間関係を重視する作品、選手ではなく監督側の視点など様々な設定の作品が存在する。 ...
  • 中国では共産党やその傘下の宣伝部の主導で、ナショナリズムを煽る反日プロパガンダ作品が多数作られているが、抗日神劇のような荒唐無稽な作品ではなく、日本と戦う中国人を英雄視する作品が中心である。 ...
  • 以前に描かれた惑星冒険ものはコンスタンチン・ツィオルコフスキーやヘルマン・オーベルトの作品を除き、大半は作家による想像で描かれて科学的な考察が不十分で荒唐無稽な作品が少なからずあったが、ロケット工学者として当時第一線で活躍していた著者の面目躍如で細部に至るまで科学的な考察がされていた。 ...
  • 当時の傾向としてファンタジーであることが前提で、麻雀打ちなる生業のキャラクターが賭け麻雀の稼ぎで生計を立て、全国をさすらう荒唐無稽な作品でキャラに憧れる一般の麻雀ファンという構図が成立していた。 ...
  • また、後者の例に多いが、一時のブームに乗ってゲーム作家など異業種からの参入が相次いだことや、現実にはありえない超兵器が登場したり、未来のテクノロジーを過去へ持ち込んだりなど、荒唐無稽な作品も数多い。 ...
  • 今日で言う「ディストピア」を描き、ヴェルヌが生きていた19世紀における、科学・産業革命を賞賛する風潮とは一線を画した内容となっていたため、出版社はこれを「暗く荒唐無稽な作品」として出版しなかった。 ...
  • シリーズお馴染みの手押し車を橇に仕立て、雪山でスキースタントを決行した、それまで以上に荒唐無稽な作品となっている。 ...