荒唐無稽なストーリー

14 の例文 (0.00 秒)
  • しかし子供の興味をひきつけるための荒唐無稽なストーリーや過激な表現が教育上問題とされるようになる。 ...
  • 氏のおかげで、荒唐無稽なストーリーにいくばくかのリアリティを持たせることができたと思う。 ...
  • 荒唐無稽なストーリーは桜井の原作をベースにして、みのもけんじが単独で考え出していた。 ...
  • また荒唐無稽なストーリーと、登場人物たちの現実的で時にシニカルな性格描写の分裂も明らかである。 ...
  • 安藤の胸の中で、吉野から聞かされた荒唐無稽なストーリーが、にわかに現実味を持ち始めていった。 ...
  • 強大な力を持つ「東方不敗」が日月教の教祖を幽閉し、苗族を支配するという部分は同じだが、秀吉軍から逃れた信長側の残党が、日本からやってきて苗族と結託するという、原作にはない荒唐無稽なストーリーが追加されている。 ...
  • とは、中華人民共和国のインターネットユーザーによるスラングで、中華圏で製作される日中戦争などをテーマにしたテレビドラマのなかで、荒唐無稽なストーリーの作品を表す。
  • 韓国の民族主義に訴えるエンターテイメントとして荒唐無稽なストーリーが多く、特に日本文化開放以前は日本を滅ぼすような過激な映画が多く見られた。 ...
  • 当時としても時代錯誤感を催させるキャラクターデザイン、窮屈な世界観を醸し出す縦方向のみに伸びたフィールド、幻覚じみた荒唐無稽なストーリーなどからRPGとしての評価は低いが、ゲームシステム自体は特に破綻がないためプレイは問題なく行える。 ...
  • 荒唐無稽なストーリーや、様々なタブーを盛り込んだ割に悪ふざけにしか聞こえない台詞など、良識ある映画フリークには酷評されるも、映像の色彩やカット割りには独自の美学が貫かれており、奥秀太郎監督作品のベストに挙げる声も少なくない。 ...
  • 初期は主人公である小石川セツコを中心とした狂気じみた不条理なギャグや過激な下ネタを散りばめた荒唐無稽なストーリーで、1話完結が基本だったが、中盤以降はサブキャラたちがメインとなり、サイケデリックな表現や、抽象的な心理描写などが急増。 ...
  • 基本的に野球をベースにしたギャグ漫画なのだが、野球部メンバーによるハイジャック鎮圧、米軍特殊部隊との激突、幽霊退治、はては火星人との政治交渉など荒唐無稽なストーリーが繰り広げられる。 ...
  • 藤田によると、末期の『必殺シリーズ』は荒唐無稽なストーリーが続出し、若い視聴者に向けて、まるで「饅頭の上に苺のっけたり、生クリームかけたり、ちょっとチェリーをのせたり、そんな雰囲気のデコレーション」を施すようになった。 ...