若手棋士

102 の例文 (0.00 秒)
  • それは、若手棋士達の、人間的魅力のあるなしと関係しているのだろう。 ...
  • 佐藤の将棋は、今の若手棋士達の考え方を代表しているように思われる。 ...
  • その後も若手棋士を率いて、中国、韓国との交流を積極的に行っている。 ...
  • 以後の低段位若手棋士のタイトル奪取の動きの先鞭をつけたものである。 ...
  • 若手棋士も初めは美濃だ矢倉だという形から勉強したはずだ。 ...
  • 奨励会員とは遊ぶらしいが、四段以上の若手棋士と談笑しているのを見たことがない。 ...
  • 若手棋士の仲良しぶりを見ていると、今の担当者は楽だと思う。 ...
  • 自分の門下生以外にも多くの若手棋士の育成に力を注いだ。 ...
  • 羽生、屋敷等若手棋士が、順位戦でそろって負けてしまったのである。 ...
  • 昨今の若手棋士達を見ていると、人生経験がマイナスになるような気がしてならない。 ...
  • 気がつかないうちに、羽生にかぎらず若手棋士の将棋に対する考え方が変っていたのだ。 ...
  • この経過を見た若手棋士達は、あきれかえって研究をやめた。 ...
  • 今の若手棋士には、名人位なんて単なる一タイトル、の風潮がある。 ...
  • ほう、一番入ったか、若手棋士達は気にとめなかった。 ...
  • しかし局後に、そばで見ていた若手棋士の若山立長が、白1から3と打つ手を指摘。 ...
  • 若手棋士の飛躍の場としての役割を果たした。
  • 趣味は将棋で、戦前には若手棋士を集めたトーナメントのスポンサーになったこともあった。 ...
  • 次へ