般若心経

359 の例文 (0.01 秒)
  • それなら私の説明は、般若心経の用語を用いても十分だったのである。 ...
  • 昼の五時間般若心経はんにゃしんぎょう読みの後でも、一人で風呂ふろに入れるようになった。 ...
  • 本文の解釈は『般若心経』を五分して展開するが、これを五分総説という。 ...
  • 非常に短いお経であることで、般若心経とならんで有名である。 ...
  • 般若心経しか知らなかったが、村人に三味線や踊りを教えたという。 ...
  • 別れに臨んでひとえにこの事を願うという意味で般若心経はんにゃしんぎょう三巻を読みました。 ...
  • 日本人一行六人を代表して般若心経を唱え、献花をした。 ...
  • また文盲の庶民のために般若心経を絵で表現した「絵心経」もあった。 ...
  • 宗旨は浄土真宗だったが、禅宗にも興味を持ち、般若心経を信仰した。 ...
  • また、般若心経を音楽に乗せた仏教的なものもある。 ...
  • 私は彼に般若心経を教えられたが、あんまりおぼえないので、彼は三日ほどであきらめてしまった。 ...
  • それは般若心経はんにゃしんぎょうかなにかを書いた残欠本の仮表装でありました。
  • 駒澤大学の学生生活ガイドブックに『般若心経』と共に記載されている。 ...
  • 代表作は「般若心経」シリーズと「古代幻視」シリーズの作品群である。 ...
  • 寝床は最早たたまれてありましたが、机と般若心経はんにゃしんぎょうとはそのままになっておりました。 ...
  • 死去直前に教育勅語や般若心経を唱えていたという。 ...
  • 雅代が事務机に入っていた塩や般若心経のコピーを使ったのはあれが最初で最後だった。 ...
  • 昭和十七年に初めて光徳寺へやって来たとき、志功は襖二枚に般若心経の文句を書いた。 ...
  • やがて、俊夫君は、机のそばに寄り、まずその上の般若心経を手に取って見ました。 ...
  • 般若心経といえば、ごく一般的なお経である。 ...
  • かくまわれていた公用人の屋敷の奥座敷での、わしは柄に似合わぬ般若心経を唱えた。 ...
  • 日本でも大串利一監督の映画『こころの宇宙 般若心経』などで音楽が使用されている。 ...
  • いざとなったら朝比奈さんに巫女みこ姿で般若心経はんにゃしんぎょう唱えてもらえばいい。 ...
  • 般若心経はんにゃしんぎょうを唱えている間、頭がグラグラしなくなったし、より経文に集中できるようになってきたみたいだ。 ...
  • その一角には水琴窟があり、般若心経の代わりに水の音が聞こえるようにしてある。
  • 縁側に面した付け書院には、般若心経一巻、開いて載せて守り本尊を置いておく。 ...
  • 死の3年前に制作した般若心経シリーズの作品は池田の陶芸作品の中で最高傑作といわれる。 ...
  • その都度、俺は頬が緩むのを必死で堪え、般若心経の一節に視線を移している。 ...
  • 次のページ

般若心経の使われ方