自分の一挙一動

13 の例文 (0.00 秒)
  • 彼はまた、自分の一挙一動が秘密を明かしていることをも理解していた。 ...
  • 自分の一挙一動に天のまなこがそそがれているような恐怖に近い心理だった。 ...
  • 自分の一挙一動を見せたかったに違いない。 ...
  • けれども、猫でない彼は、真暗闇の中にこの私が自分の一挙一動を見ていようとは、まさか思わなかったのだ。 ...
  • 人がすれ違うのがやっとのような細い道にさしかかるころにはまるで街そのものが自分の一挙一動に注視しているような、そんな奇妙な感覚が肌にまとわりついていた。 ...
  • レーヴィンはそのときでも、食事をしたり、眠ったり、話をしたりすることを許されないことのように思い、そして自分の一挙一動が、無作法のような気がしてならなかった。 ...
  • そして、自分の一挙一動が、ぶしつけなように感じられた。 ...
  • はげしい良心の苛責かしゃくから、自分の一挙一動が見張られているのではないかとおそれたからです。 ...
  • このよそよそしい、死の影の差すしずまりかえった町にあっては、人目を忍ぶ、ひそやかな空気が行きわたっているらしく、わたしは自分の一挙一動が、どこかわからぬもの蔭から、あのずるそうな、じっと見開いたままにらむような目で、監視されているような、どうしてもそんな感じから逃れられなかった。 ...
  • そして、勿論、この陰気な、醜い黒吉が、自分の一挙一動を、舐めるように、見詰めているとは気づかなかったろう。 ...
  • 走り、さけび、跳ねまわり、はしゃぎまわり、そしてみんなもいっしょになって笑い、自分の一挙一動に拍手する。 ...
  • 小皺の多い顔を上気させて、まじろぎもせず自分の一挙一動を見守っている母親に、源一は優しく目を走らせ、 「羽織なんぞぬいだらええに」 と云った。 ...