腹膜播種

9 の例文 (0.00 秒)
  • これらの症状が出現するころには腹膜播種を起こしており致死的な場合が多い。 ...
  • しかし、財前の膵臓癌は腹膜播種を起こしており、手の施しようがない状態になっていた。 ...
  • 術後の財前は病室の時計から推測した手術時間の短さからそのことを理解しており、東も腹膜播種で執刀を断念したことを認め、自分の死が近いことを悟る。 ...
  • 東はこれを受け入れ執刀するが、既に財前の膵臓癌は腹膜播種を起こして手遅れの状態であったため、何もせず縫合された。 ...
  • もともと病弱だったとのことであるが、2006年9月にスキルス胃癌の腹膜播種であることが判明。 ...
  • 腫瘍径が小さいうちから腹膜播種が起こりやすく、早期に症状が出現するが、早期発見しても進行が速く、予後は極めて悪い。 ...
  • 胃の印環細胞癌転移症例においては、腹膜播種、肺の癌性リンパ管症、クルーケンベルク腫瘍などの形で進行する傾向にある。 ...
  • がん細胞が腹膜に広がる腹膜播種 を起こしやすく、虫垂粘液嚢腫 と腹膜偽粘液腫を引き起こし易い。 ...