脚光を浴びる

509 の例文 (0.01 秒)
  • 彼の父親の発表した論文は、国の枠を超えて世界で脚光を浴びていた。 ...
  • 一時期脚光を浴びたアビガンも当初は別の目的で開発された薬剤だった。 ...
  • 栗里にしてみれば黒所に来て以来初めて脚光を浴びた瞬間であった。
  • 自身が脚光を浴びたのはジェノアCFCでの活躍が認められたためであった。 ...
  • この問題は、人工降雨と関連して、近来脚光を浴びてきているのである。 ...
  • ところで、人が脚光を浴びた時、それを一番喜ぶのはきっと両親だと思う。 ...
  • それまでだれも見たことがなかったような飛込みで一躍脚光を浴びたらしい。 ...
  • しかるに米倉の諸作は、出づるごとに次から次へと脚光を浴びて行った。 ...
  • 日本でも、「パンペルデュ」の名で脚光を浴びるようになってきている。 ...
  • 再び脚光を浴びたのは5歳となった2018年のドバイ開催であった。 ...
  • カトリックの聖者や聖地もこの流れの中で新たな脚光を浴びつつある。 ...
  • あと十年もすればわたしは天才ピアニストとして脚光を浴びるのよ、と。 ...
  • 再び脚光を浴びるようになるのは1950年代に入ってからになる。 ...
  • 近年では多数の巨木が点在する地域として、脚光を浴びるようになった。 ...
  • 脚光という点では、いま、もっとも派手な脚光を浴びている職業である。 ...
  • 安堵した良吉は殺害計画を中止し、映画スターとして脚光を浴び始めた。 ...
  • しかし近年のパワースポットブームで、玉作りの文化は脚光を浴びている。 ...
  • 今西説が脚光を浴びるときが来ないとも限らない、と私は期待しているのである。 ...
  • 高校生活で最も脚光を浴びたのが、3年次の国民体育大会であった。 ...
  • 脚光を浴びることは嬉しいことではあるが、一方で人間を堕落させる。 ...
  • 勝ち星は挙げられなかったが、地方の星として脚光を浴びる存在となった。
  • その当時の、定九郎は名題下の役で、脚光を浴びるようないい役ではない。 ...
  • 自分の息のかかった若い二人が、いま脚光を浴びている。 ...
  • 何年後か知らないが、ずっと未来では、再びカクゲーが脚光を浴びているのか?
  • どんなに頑張って仕事をしても脚光を浴びるのはパイロットだし。 ...
  • 彼が脚光を浴び始めたのは、九州旅客鉄道の車両デザインである。 ...
  • ドラマがヒットすると同時にマイアミは再び脚光を浴び始める。
  • そこで最近とみに脚光を浴びてきたのがブラック・ホールである。 ...
  • 次のページ