脊椎麻酔

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 作用の強い麻酔薬であり、副作用も強いため用途は限られており、主に脊椎麻酔に使用されている。 ...
  • かつては脊椎麻酔と言われていた。 ...
  • 一般に脊椎麻酔は効果が3分位で現れてくる。 ...
  • さきの鈍い針で、脊椎麻酔せきついますいの注射をされたような感じだった。 ...
  • より早く痛みを取るために、より脊髄に近い場所に麻酔薬を入れる「脊椎麻酔」を併用することもある。 ...
  • 適応は基本的に脊椎麻酔と同じであるが、硬膜外への穿刺部位を変えることで目的とする区域のみに限定して除痛を行う事が可能なため、頚部、胸部の手術にも用いることができる。 ...
  • 日本で承認されている麻酔方法は、硬膜外麻酔、伝達麻酔、脊椎麻酔に分類されている。 ...
  • 硬膜外麻酔、脊椎麻酔が利用できない症例に対しても活用することが出来、周術期における疼痛管理として麻酔科学領域におけるトピックになっている。 ...
  • 彼は脊椎麻酔の分野や、ホメオパシー療法の導入、ヘルメットの発明、体育学校の復興などの業績で知られている。 ...
  • 脊椎麻酔や硬膜外麻酔は脊髄のすぐ近くまで注射針を刺し込むため、脊髄を損傷しないよう脊髄、椎骨、硬膜の位置関係を知識や経験、先輩からの助言を基に想像しながら施行する。 ...
  • 他に、意識下に太めの末梢ラインや中心静脈ラインを確保するとき、硬膜外麻酔や脊椎麻酔で硬膜外針や脊椎針の刺入前に細めの注射針で痛覚を取るとき、小さな部位の切開・縫合手術などに用いる。 ...
  • 局所麻酔薬を用いた脊椎麻酔や白血病におけるメソトレキセートなど抗がん剤投与、脊髄性筋萎縮症におけるヌシネルセンの投与などで用いられる。 ...
  • 脊椎麻酔に用いる場合はさらに、髄膜炎、灰白脊髄炎、脊髄癆などの中枢神経系疾患を持つ患者や脊椎に結核、脊椎炎、転移性腫瘍などの活動性疾患のある患者に禁忌となる。 ...
  • 表面麻酔、浸潤麻酔、伝達麻酔、脊椎麻酔、硬膜外麻酔に用いられる。 ...
  • ブピバカインは浸潤麻酔、神経ブロック、硬膜外麻酔、脊椎麻酔などで局所麻酔を誘導する。 ...