脊椎炎

11 の例文 (0.00 秒)
  • 骨髄炎性脊椎炎により敗血症を併発していたともされ、病床についた時間は長くなく、死に至ったと考えられている。 ...
  • 結核性脊椎炎は稀な病ではあれども骨関節結核のなかでは最も多くみられる病気で、2017年現在では高齢の女性に多くみられる。 ...
  • その後行われた調査では同ウイルスが発見されないことが続いたものの、慢性疲労症候群の患者会 筋痛性脳脊椎炎の会は、日本が輸血を禁止していないことを批判し政府に慢性疲労症候群の原因がXMRVで器質的疾患だと認めること・ウイルスを原因として研究すること等を訴えた。 ...
  • 特に結核性脊椎炎は、外科医のパーシヴァル・ポットに由来してポット病とも呼ばれる。 ...
  • 年齢的には右壇の遺体がこれに次ぎ60歳から70歳、死因は骨髄炎性脊椎炎と推定される。 ...
  • レントゲン検査によると、脊髄に炎症があったとされて、死因は背骨の外傷から菌が侵入してその感染をうけ、骨髄炎性脊椎炎ないしは脊椎カリエスかと想定される。 ...
  • また、骨髄炎性脊椎炎の影響で生前は脊椎硬直があって脊椎が曲がらず、晩年は臥床できなかった可能性もあり、高血圧、むくみの状態が見られ、腎疾患・心機能不全などが見られた。 ...
  • 脊椎麻酔に用いる場合はさらに、髄膜炎、灰白脊髄炎、脊髄癆などの中枢神経系疾患を持つ患者や脊椎に結核、脊椎炎、転移性腫瘍などの活動性疾患のある患者に禁忌となる。 ...
  • 急性多関節炎で紛らわしいものとしてはウイルス性関節炎、ライム病、脊椎炎、回帰性リウマチ、無菌性壊死などがあげられる。 ...
  • 冒される部位により結核性髄膜炎・結核性脊椎炎・胸椎カリエス・肋骨カリエス・腰椎カリエス・骨盤カリエスなどと呼ばれる。 ...