脊椎カリエス

全て 名詞
93 の例文 (0.00 秒)
  • 母親は脊椎カリエスでなくなるしばらく前から寝たきりでございました。 ...
  • あれほど苦しんだ脊椎カリエスが、今度は命を救ってくれたのだった。 ...
  • 晩年には脊椎せきついカリエスからくる腰痛でほとんど病床を離れ得ぬほどの重症となった。 ...
  • 脊椎カリエスという病気で療養していたのだという。 ...
  • その頃は、まだ、脊椎せきついカリエス発病以前であったから、家の中を歩くことはできた。 ...
  • しかし晩年は脊椎カリエスの症状で背中は曲がり、杖を突かなければ立てないほど症状は悪化していた。 ...
  • 彼は二十二歳のときに喀血かつけつをし、二十七、八の頃にはもう脊椎せきついカリエスにまでいってます。 ...
  • 背中の傷が脊椎せきついカリエスになれば致命傷ちめいしようになりかねないが、そんなことはあるまいと医者に言われた。 ...
  • 脊椎カリエスの少年たちと健康な青年との間の、意地悪い冷却がその後を埋めた。 ...
  • すでに宿痾しゆくあ脊椎せきついカリエスによる腰痛に苦しみ始めていたので、この旅はその意味でも彼にとって思い出深い旅となった。 ...
  • 背中の傷が脊椎せきついカリエスになれば致命傷になりかねないが、そんな事はあるまいと医者に云われた。 ...
  • その時もぼくはそのひとを妻としたいほど好きだったが、そのひとに脊椎カリエスの七つの男の子があるのが、そんなぼくの愛情を躊躇させた。 ...
  • 難聴で補聴器なしでは会話を聞きとることが難しい中で脊椎カリエスにもかかっていて長時間の取調べの中で自白させられたとして自白について信用性がないと主張した。 ...
  • 脊椎カリエスで王子の寿命が長くないことがマリー・アントワネットに知らされた。 ...
  • また外科医として先駆的な脊椎カリエスの手術などもおこない精力的に発表した。 ...
  • 脊椎カリエスを患いながらも、叙情詩の発表を続け、播磨地域を中心とする多くの文学人に影響を与えた。 ...
  • 僕のこととか、あるいは病院から退院してきて、脊椎カリエスですがね、体が自由にならない。
  • 次へ