聖戦完遂

20 の例文 (0.00 秒)
  • 私も亦、今、生命をかけて聖戦完遂のために戦つてゐます。 ...
  • そのような中で三木は聖戦完遂など他候補と同様の訴えとともに、選挙区内の問題に対してこれまでいかに熱心に取り組んできたのかを説明し、他の候補との差別化を図った。 ...
  • だが不思議なことに、陸軍首脳は、政府の意思とは別の意を含む通達〈聖戦完遂の大臣告示〉を軍内の全部隊に伝えていた。 ...
  • つまり実際には、当時の翼賛議会は無力な行政補助機関と言うよりは、政府・軍部の聖戦完遂政策を推進する協力勢力と言える存在であった。 ...
  • もしいささかでも冷めた眼があるなら、この戦争の敗北を見ぬくのが容易であるのに、現実を見つめようとはせず、とりとめもなく聖戦完遂を叫ぶだけだった。 ...
  • 戦争の被害が国民にだけ及んでいる間は、聖戦完遂、一億玉砕を叫んでいても、危険が自分達に迫ってくれば、彼らがりどころとしている、皇室とか国家そのものの存亡に関わってくるということになれば、もう戦争を続ける理由はないのです。 ...
  • 四月七日、鈴木貫太郎内閣が成立したが、陸軍の意向をいれ聖戦完遂の声明を発表した。 ...
  • アメリカの強大な工業力を理由に太平洋戦争の開戦には強く反対したが、開戦後は聖戦完遂のためとして、戦時の船舶運航に協力した。 ...
  • 私は、風邪の身体に鞭打つて、聖戦完遂のための職場に通ひ、増産にはげんでゐるのです。 ...
  • 戦時下の翼賛選挙では、各候補が訴える政策は聖戦完遂、大東亜共栄圏の確立、翼賛議会の確立など、どうしても同じような内容となってしまっていた。 ...
  • 寺内の電文の初めには、「皇国真に非常のとき、敢て意見を具申す おもうに今日の如き情勢は開戦当初より覚悟しある所、今にして聖戦完遂の意志挫折ざせつし、敵の提示せる条件に甘んじて之に服せんか、戦力なき後の国体の護持皇土の保衛誰か之を保証せん」とある。 ...
  • それゆえ陸軍省、参謀本部の責任者たちが、御前会議での決定を伏せて、さらに聖戦完遂に邁進せよという示達を流したことは、本土決戦派の中堅将校を勢いづけるものだった。 ...
  • 大東亜戦争下初の明治節にあって、北はアリューシャンから南は南太平洋に至るまで日の丸の御旗がさわやかにひるがえり、大東亜共栄圏内の民草はひとしく明治天皇の御大業をしのび奉るとともに聖戦完遂に新たな決意をかためた。 ...
  • たとえば「ジャワ奉公会」は、「皇民」の名は冠しないものの「全島民親和の裡に軍政施策を実践推進して以て大東亜共栄圏の一環としてジャワ住民の使命たる聖戦完遂に挺身する」ことを目的としており、多くの点で「皇民奉公会」と共通性がある。 ...
  • これらはいずれも22日までには鎮圧されたが、島根県松江市では8月17日から19日にかけて、隣県の鳥取県美保航空隊基地から飛来した海軍機が「断固抗戦」のビラを撒き、市内にも「ソ連打倒・聖戦完遂」の張り紙がなされた。 ...
  • 「まほらまと」の実現及び聖戦完遂、國體護持、皇土保護を掲げ、憲法無効論を唱えている。 ...
  • 遯吾は軍部の台頭しはじめる頃、当時の貴族院議長近衛文麿に自著を贈り、聖戦完遂を熱情的に念願し、時折時局に関する進言も行った。 ...
  • 次へ