老侠客

11 の例文 (0.00 秒)
  • 旅籠を仕切る老侠客と三人の娘たちが、身代譲りを発端にした骨肉の争いを描く。 ...
  • 人生の辛酸を知り尽くした老侠客の心意気が求められ、硬軟取り混ぜた見せ方が難しい。 ...
  • 元来義侠心が強く、名も団七九郎兵衛と名乗り老侠客釣船三婦らとつきあっている。 ...
  • かつての「青春篇」では自分の姿を青成瓢吉に投影させたが、本作では辰巳柳太郎扮する老侠客に自己を重ね合わせている。 ...
  • 三婦女房おつぎは、ごく普通の市井の一女房だが、反面、老侠客の連れ合いの味を出すことも求められ、脇を固める重要な役柄である。 ...
  • 古老の言にあるように、慶喜のほうがスパッと竹を割ったような老侠客に大いに魅かれてしまい、贔屓にした、とみるほうが正しかろう。 ...
  • 階を登れば老侠客莞爾くわんじとして我を迎へ、相見て未だ一語をはさゞるに、満堂一種の清気てり。 ...
  • アラカンが『網走番外地』の老侠客、鬼寅親分を当たり役としていた1960年代に、趣味の競艇に行ったところ、組関係者から丁重に挨拶され、「どうぞ」とわざわざ貴賓室に案内された。 ...
  • この夜の紙帳しちやうは広くして、我と老侠客と枕を並べて臥せり、屋外の流水、夜の沈むに従ひて音高く、わが遊魂を巻きて、なほ深きいづれかの幻境に流し行きて、われをして睡魔のとならしめず。 ...
  • この行甚だ楽しからず、蒼海約して未だ来らず、老侠客のかほ未だみえず、くはふるに魚なく肉なく、徒らに浴室内に老女の喧囂けんがうを聞くのみ。 ...