美辞麗句

全て 名詞
213 の例文 (0.00 秒)
  • しかし今からでもいいから自己の推薦状を美辞麗句で書いて出せばいい。 ...
  • また人々のあいだでは美辞麗句びじれいくによるかけひきが習慣化していました。 ...
  • この称号は聖職者が公に対して用いる東ローマ風な美辞麗句の一つだった。 ...
  • その美辞麗句は、我々には力の象徴のように思われるものなのだ。 ...
  • また美辞麗句びじれいくもはぶいて、普通ふつうのしゃべり方を心がけるようになります。 ...
  • 人を推薦する際には美辞麗句を連ねず、自分より賢明であると言うばかりであった。 ...
  • こうした原因をよく承知していれば、美辞麗句にそうまどわされることもないであろう。 ...
  • 以前にやはりこの題で随筆をかいた記憶があるが、これは決して美辞麗句ではない。 ...
  • 彼は徐々に調子を上げていき、やがて歌うように、美辞麗句を連ねてみせた。 ...
  • 彼らの死にだって意味はあったとか、人の命はそんな簡単に左右して良いものじゃないとか、美辞麗句びじれいくを並べてな! ...
  • いずれは失うはずの部長の肩書であったが、彼は美辞麗句でその時期を早めた。 ...
  • 美辞麗句を並べ立てているだけのように見えるかもしれないが、決してそんなことはない。 ...
  • あなたの美辞麗句だけで、星間帝国をきずけるなどとお思いにならないように。 ...
  • 英語の達者な外国船の船長には、自動的に美辞麗句が口から流れ出る奴が多い。 ...
  • ぼくは彼が君に義兄らしい愛情を抱いているのをよく知っているが、彼はそれを美辞麗句で飾ったりはしない。 ...
  • その美辞麗句をよく理解しようなどとは骨折らずに、話してる人といてる人々とを通してその音楽を感じた。 ...
  • 最初は渋谷もその社長訓示を、どこの入社式でも聞かれる美辞麗句であると思った。 ...
  • 次へ