縦横無尽に走り

11 の例文 (0.00 秒)
  • 人があふれているのに、たくさんの車は信号なぞ無視して縦横無尽じゆうおうむじんに走りまわっている。 ...
  • 田地のなかを縦横無尽に走り、目指す集落に入ってゆく。 ...
  • 百人は入れそうな広さの倉を、縦横無尽じゅうおうむじんに走りまわる。
  • オレンジ色の光は、稲妻いなずまのような軌跡きせきえがいて、室内を縦横無尽じゅうおうむじんに走りぬける。 ...
  • 全身に、鋭利な刃物に斬られたような傷が縦横無尽に走り、じゅくじゅくと血を滲ませている。 ...
  • レーザー光線が縦横無尽に走り、経営者が莫大な資本をつぎこんで完成した反重力ホールでは何十人という若者が、〇・二Gの低重力の中で無我の境地にひたっている。 ...
  • 仔猫がねむりから覚め、部屋じゅう縦横無尽に走りまわってのお遊びがひと区切りつくと、人間のこどもと同じで、きまって「何かチョーダイ」というような気分になる時間があります。 ...
  • 猛り狂った無数の犬が、逃げ惑うものを追いかけ、行き迷っているものに飛びかかり、倒れているものに飛び乗り、私たちの間を縦横無尽に走りまわり噛みついたあの時の有様は。 ...
  • これらの会社は、地表に近いところを走る地下鉄のメトロポリタン鉄道およびメトロポリタン・ディストリクト鉄道も加わり、街路の下を縦横無尽に走り、お互いに、そして路面電車やバスと旅客獲得を巡って競争していた。 ...
  • 彼のテニスは、俊敏なフットワークでテニスコートを縦横無尽に走り、相手の意表を突くロブショットを得意にした。 ...