継続的役務

5 の例文 (0.00 秒)
  • 「初期費用」がある場合は、その金額や性質等により「提供された特定継続的役務の対価に相当する額」とできる合理性があるか否かが問題となる。 ...
  • 例外であり、工事進行基準や収穫基準、継続的役務提供における時間基準などがこれにあたる。 ...
  • 継続的役務取引については、不公正な勧誘等による紛争のほか、契約が長期にわたるため、事情変更による中途解約の必要性が高いにもかかわらず、これに関して業者側に不当に有利な契約がされていることによる紛争が生じていたので、これらへの対処として、クーリング・オフ制度及び中途解約制度等が導入された。 ...
  • 役務提供事業者は、中途解約されたときは、損害賠償額の予定又は違約金の定めがあるときにおいても、次の金額と、これに対する法定利率による遅延損害金の額を加算した金額を超える額の金銭の支払を特定継続的役務の提供を受ける者に対して請求することができない。 ...
  • 販売業者は、中途解約されたときは、損害賠償額の予定又は違約金の定めがあるときにおいても、次の金額と、これに対する法定利率による遅延損害金の額を加算した金額を超える額の金銭の支払を特定継続的役務の提供を受ける権利の購入者に対して請求することができない。