紺の法被

12 の例文 (0.00 秒)
  • もっとも金は紺の法被はっぴにぴっちりしまった股引ももひきという職人の姿だった。 ...
  • しかし間もなく、先頭をきる紺の法被姿はっぴすがたの男がおしたてている大幟おおのぼりの文字が目にはいった。 ...
  • 「殿さま」 と、庭に紺の法被はっぴに柿色の三尺をしめた中間ちゅうげんがひざまずいた。 ...
  • 色のめ果てた紺の法被はつぴの下に同じくあめ色に褪めた細いしまのズボンをはいている。 ...
  • そして院長のやるようにあごを前にのばして、塀にむかって刷毛はけを動かしている紺の法被はっぴの背中にむかって声をかけた。 ...
  • 紺の法被はつぴに白ぱつち、 いきな姿のつばくらさん、 お前が來ると雨が降り、 雨が降る日に見たらしい むかしの夢を思ひ出す。
  • 紺の法被はっぴに紺の股引ももひき、脇には籠を抱えている。 ...
  • 仏蘭西語でシヤルパンチエーといふのは、天にも地にも自分一人のために拵へられた固有名詞で、普通名詞としてつばくろのやうな紺の法被を着た大工を呼ぶなどは、以ての外だと思つてゐるのだ。 ...
  • よしんばつばくろが紺の法被はつぴを脱ぐ折はあらうとも、福田博士にそんな事はあるまいと思はれた名代の木綿羽織である。 ...
  • それはシヤルパンチエーといふ名で、結構な名前だが、このシヤルパンチエーは英語でいふと、カアペンタア、言霊ことだまさちはふ日本語では、「大工」といつて、朝から晩から金鎚を叩いて暮してゐる、紺の法被はつぴに鉢巻をした男の事である。 ...
  • 向鉢巻に紺の法被が又之助によく似合う。 ...