細雪

全て 名詞
116 の例文 (0.00 秒)
  • 「細雪」は、1983年9月に五木ひろしが発売したシングルである。
  • その時代の京阪神を描写した文学作品の代表例として、谷崎潤一郎の『細雪』が挙げられる。 ...
  • それが必要なばかりでなく、これからの文学のことばのなかには漱石も知らず、志賀直哉の生活と文学にもなく、「細雪」にもないいろいろの社会科学のことばや、科学のことばが、こなれてはいって来るようにもなるだろう。 ...
  • 幼少期より音楽や演劇にも才能を発揮し、大阪の国立文楽劇場の舞台で、『細雪』に子役で出演。 ...
  • 戦中・戦後の谷崎の活動は『細雪』と『源氏物語』現代語訳の執筆に代表される。 ...
  • 春の雪はね、気温も地面の温度も高くなるから積もらずに、はかなく消えてゆくことから淡雪や細雪ささめゆきとも呼ばれているのよ。 ...
  • ファン回転数が上昇すると、地表のアスピリンのような細雪がファン吸気口に吸い込まれる。 ...
  • 昭和十七年五十六歳 この年、『細雪ささめゆき』の稿を起す。 ...
  • 市川崑監督作品の細雪、おはんにおいて使用され、タイトルバックにクレジットされている。 ...
  • ローマイヤが開店したレストランは谷崎潤一郎の『細雪』などにも出てくるように、広く庶民に認知された店となる。 ...
  • 午後潤一郎の「細雪」を読んでいる所へ、「日本」の記者が原稿を取りに来て、武田君が応召して、三重県へ昨日行ったと言う。 ...
  • 「細雪」で第14回日本歌謡大賞優秀放送音楽賞を4年連続9回目の受賞。 ...
  • 「細雪」の中で、ウィンナ・シュニッツェルのことを、シュニッツレルと書いているのは、作家の名をつい思い出したのかも知れない。 ...
  • 谷崎氏の「細雪」は大阪弁の美しさを文学に再現したという点では、比類なきものであるが、しかし、この小説を読んだある全くズブの素人の読者が「あの大阪弁はあら神戸言葉や」と言った。 ...
  • それを一番はっきりやったのが、谷崎潤一郎の「細雪」ですけれども、谷崎潤一郎は、あれを標準語で大体書いて、あとは奥さんとその親戚の人に翻訳させたわけですね。 ...
  • 「細雪」で第25回日本レコード大賞特別金賞を5年連続5回目の受賞。 ...
  • 「細雪」は大阪と神戸の中間、つまり阪神間の有閑家庭を描いたものであって、それだけに純大阪の言葉ではない。 ...
  • 次へ