素麺

全て 名詞
276 の例文 (0.01 秒)
  • 半乾の長いまま丸めて和紙で包むことから「丸まげ素麺」とも呼ばれる。 ...
  • 今では絶えてしまった輪島素麺の流れをくむ油を使わない手延べ素麺として残った。 ...
  • 敗戦後は故郷である龍野の素麺工場に20年間働き、工場長を務めた。 ...
  • 茹でた素麺に油を入れたたれにからめて作るため、麺がくっつかないのが特徴。 ...
  • 私はお前さんに言わなかったかね、蜜蜂の蜜でこさえた糸素麺クナフアを持ってきておくれって。 ...
  • 「どうしたの」 尋ねた拍子に素麺が変なところに入ってしまい、わたしはむせた。 ...
  • 「神様はみな朝鮮からきた」 それぞれ素麺を注文し、それができてくるまでのあいだだった。 ...
  • ガラステーブルに向かう彼女は、ちゃんと正座をして、背を伸ばし、素麺そうめんを食べている。 ...
  • 油なしで細い素麺を作る製法はこれ以前に大和国を中心に上方に存在しており、その技術を取り入れたという経緯らしい。 ...
  • 素麺に関する記述として、播磨国では最古のものであり、この頃から素麺の生産が行われていた。 ...
  • 西田は素麺工場を定年退職し、地元に戻った息子と同居していた。 ...
  • そして各メーカーは自社で作る三輪素麺とともに、組合を通した素麺も販売している。 ...
  • 必ず素麺を持つて遊びに行くといふのは感じがいゝ。 ...
  • 特に素麺の出汁を取り、そのまま一緒に食べるのが好まれた。 ...
  • 「塗り箸で素麺」などは、案外、知らずにやっているかも知れません。 ...
  • 灘は今日もっぱら酒造業で知られているが、かつては製油業や素麺生産でも知られていた。 ...
  • そのため、この規約に沿った生麺・茹で麺タイプの素麺が実際に製造・販売されている。 ...
  • 次へ