素麺箱

6 の例文 (0.00 秒)
  • 素麺に代表される乾麺類も保存食として常備され、かつては素麺を入れるための素麺箱がどこの家庭にもあった。 ...
  • 崋山の手紙も今ではそんなに値段が高まつて来たが、以前もと素麺箱そうめんばこに一杯で、たつた十円の時代もあつた。
  • 今豊橋辺にあつちこつち崋山の手紙がちらばつて、虎の子のやうに大事がられてゐるが、あれはみんなこの素麺箱から転がり出したものなのだ。 ...
  • その重兵衛にゆたかといふ遊び好きな孫があつて、ある時廓返くるわがへりに馬を連れて、古い素麺箱を一つ、豊橋のさる骨董屋に担ぎ込んだ。 ...
  • 骨董屋の主人はその素麺箱を見て、ぶつくさぼやきながら懐中ふところから惜しさうに十円紙幣さつを出して呉れた。 ...