素麺作り

7 の例文 (0.00 秒)
  • 原料の小麦は奄美群島では栽培されておらず、素麺作りの伝統もないため、江戸時代末期の『南島雑話』にも素麺の記載はない。 ...
  • 農間には紙漉き、縄作りが行われたほか、天明期から素麺作りも行われ、「木月素麺」として江戸へ出荷されていた。 ...
  • この吉野川のもたらす肥沃な堆積物が小麦を育てると共に生産に欠かせない良質な水をもたらし、そこに吉野川と剣山に挟まれた山間に故に吹く寒風と合わさって素麺作りには好条件となっていることも半田で素麺作りが盛んになった要因の一つとされている。 ...
  • 三重県の北勢地域は小麦産地であり、大矢知周辺は朝明川の清流と鈴鹿おろしの吹く環境を背景として、素麺作りに適した条件が整っていた。 ...
  • この縁で、大神神社祭神は素麺作りの守護神とされ、毎年2月5日には、その年の生産者と卸業者の初取引の卸値の参考価格を神前で占う「卜定祭」が営まれている。 ...
  • thumb|大門素麺 1848年に越中の国砺波郡大門村の住人である田守三石衛門が売薬行商で能登の蛸島を訪れたとき、栗田次兵衛達が前田藩の御用素麺作りで豊かな生活を送っていることを知った。 ...