素封家

全て 名詞
365 の例文 (0.00 秒)
  • そもそもこのえらい人はかなりな素封家の血をひいておられるらしい。 ...
  • 出身は神奈川県で、その実家は土地では素封家といわれている。 ...
  • また、母は、ロシア系の商人の素封家に生まれ育ったロシア人女性である。 ...
  • また、素封家として社会的な地位を築いた者もいた。 ...
  • 確かに、関東以北の素封家や大家に作品を売っていた事実はある。 ...
  • 素封家、星島啓三郎の長男として備前岡山藩領児島郡藤戸村に生まれる。 ...
  • 森山という人は土地の素封家そほうかで、多くの田畑や山林を財産にして豊かに暮らしていた。 ...
  • 神奈川県橘樹郡大綱村の江戸時代以来の素封家に、三男として生まれた。 ...
  • 熊本の素封家の次女として生れ、大阪の帝塚山てづかやまにある女子大に通った。 ...
  • 相手は同じ近郊の素封家の息子で、覇気のある青年だった。 ...
  • 矢橋家は美濃赤坂の旧家・素封家で、一族で赤坂銀行などを経営していた。 ...
  • 根津は素封家そほうかの次男にうまれたが、戦後はお定まりの斜陽族だったらしい。 ...
  • 家はもう何代にもわたって医院でありつづけ、もともとその地方では指折りの素封家であったらしい。 ...
  • で、その素封家の何代目かのご当主が地元の名妓と恋に落ち、何が何でも一緒になるといい張ったそうな。 ...
  • 淳之助の父親は、地方の素封家であったが、周囲から望まれて、代議士に出た。 ...
  • 話は村の素封家そほうかの一人息子と、貧乏な綿打屋わたうちやの小町娘との恋物語に始まる。 ...
  • 栃木だか群馬の素封そほう家の息子だというおとなしいご主人と、美人の奥さんに男の子が二人いた。 ...
  • 次へ