紐帯

231 の例文 (0.01 秒)
  • 教養と呼んでいい、もっと強い生きた紐帯を信じ、これを求めるだけだ。 ...
  • 最近は、精神的な紐帯ちゆうたいのようなものが二人の間にできかかっている。 ...
  • かかる段階の結集をつなぐ紐帯は、もはや他のものでなくてはならない。 ...
  • そうした紐帯ちゅうたいを、ぼくたちはいまだに保持しているということであった。 ...
  • 私は、家族より深い紐帯で結ばれていた四人の仲間を失いました。
  • もっとも、ヴィザーとその創造者とを結ぶ紐帯ちゅうたいが絶たれたわけではない。 ...
  • このように人間の意識との紐帯が非常に太いため、人心の変動に弱い。 ...
  • 紐帯じゆうたいが切れて舌は咽喉の奥までくれ込み、気管を閉じてしまっている。 ...
  • 仕事によってのみ、社会との、そして他の人間との紐帯ちゅうたいの存在を確信してきた。 ...
  • この箱には人が背負うことが出来るように、紐帯がついていた。 ...
  • 宗教的共同体とは、ある宗教を紐帯として人々が形成する共同体である。 ...
  • そして権力者たちはその紐帯の役割を教育に担わせようと考えた。 ...
  • これら家兵は節度使と仮父子関係を結ぶことで個人的紐帯を強くした。 ...
  • 権力者と貴族は権力を濫用しつづけ、ロシア人民の紐帯は破壊された。 ...
  • そんなとき、都民との間に心の紐帯ちゆうたいができたような気がする。 ...
  • しかし、この紐帯自体は、コプト教徒を十分に満足させるものではなかった。 ...
  • 地位の向上によっても、彼らの紐帯ちゅうたいは失われることがなかった。 ...
  • 同様に人は人間の神の関係を、個人と神とを結び、あらゆる生命の発現の中に結ぶ紐帯から解放しようと試みます。 ...
  • NDFは基本的に地縁的宗教的な紐帯に基づいて組織される。 ...
  • フランスは革命で社会紐帯や中間団体を破壊し個人を解放したため、それに代わる統合原理を国が提供しなければならないとされた。 ...
  • かれらは勢いよく空中に舞いあがったので、紐帯をしておいてよかったとジャクソムは思った。 ...
  • それに対してにはまったく何の紐帯もなかったため、党発足当初から困難な歩みを続けていくことになった。 ...
  • ようやくえた盟友との紐帯ちゅうたいを強めることが、その目的であった。 ...
  • これにイギリスと日本は警戒を強め、両国の間に対ロシアという共通の紐帯ができた。 ...
  • 愛憎が縄のようにあざなわれて、家族の紐帯ちゆうたいとなるのではないのか。 ...
  • 白蓮教を紐帯とし、目印として紅い布を付けた事からこの名がある。 ...
  • そうした民衆は匪賊となり、白蓮教を紐帯とすることで政府に対する反乱となった。 ...
  • 結合の紐帯ちゆうたいはいたって弱いといわねばならない。 ...
  • 次のページ

紐帯の使われ方