納戸色

35 の例文 (0.00 秒)
  • 御納戸色の着物の上に店の屋号の入った半纏を羽織った五十過ぎの男だった。 ...
  • 正面には四階しがいとも御納戸おなんど色と白とで瀟洒あつさりとした模様が施してある。 ...
  • 納戸なんど色の地に赤筋あかすじの縞の単衣ひとえを着た喜久壽は相変わらずきれいだった。
  • 髪は岩手県旗と同色の納戸色で、南部鉄器の風鈴を模した髪飾りを付けている。 ...
  • のあらわれた河原には白いさぎがおりて、納戸色なんどいろになった水には寒い風が吹きわたった。 ...
  • しかし、納戸色にこじつけられそうな地名は、この近辺には、この病院しかなかったのだ。 ...
  • 御納戸おなんど色の着物についの羽織を重ねた伊三次は頭巾を被った。 ...
  • 土煙の中に御納戸色の着流しと三味線を見て、道に突っ伏したきり、頭を抱えて動くこともできなくなった。 ...
  • お文は商家の小僧が縞のお仕着しきせの上に納戸色の油掛あぶらがけをしているのを好ましく思っていたので、九兵衛にもそのような恰好をさせたいと思った。 ...
  • 夕日はしだいに低く、水の色はだんだん納戸なんど色になり、空気は身にしみわたるようにこい深い影を帯びてきた。 ...
  • 御納戸色おなんどいろの着流しに三味線を抱いているところまでは見て取れたが、首から上は、髪の色が闇に溶けているせいだろう、定九郎の位置からはよく見えない。 ...
  • 納戸色なんどいろ、模様は薄きで、裸体の女神めがみの像と、像の周囲に一面に染め抜いた唐草からくさである。 ...
  • 納戸色の地色に、白抜きの県章を中央に配している。 ...
  • 御納戸おなんど色の着物についの袖無しを羽織り、引っ詰めの丸髷にした美佐は年のせいで髪の分量がずい分少ない。 ...
  • 冒頭で、この小説は「私」が書いたものではなく、「私」が10年ほど前に偶然入手した、「御納戸色」という正体不明の人物の書いた原稿であることが語られている。 ...
  • 松子は少し離れて納戸色おなんどいろの傘を杖にしやがんだ。
  • 御納戸色の着流しを着た坊主頭が笑みを浮かべる。 ...
  • 次へ