納戸へ入

5 の例文 (0.00 秒)
  • 自分はたゞ一人納戸へ入つて、亡つた母の手摺れのした道具の前に、ぼんやりとしてゐた。 ...
  • もう明日あしたあたりは父が歸るであらうといふ日、母はまた修驗者と二人で納戸なんどへ入つたまゝ戸を閉め切つて、夕方になつても出て來なかつた。 ...
  • お光は旦那の後姿を見送つてから、急いで納戸へ入つた。 ...
  • お光はかう思ひながら納戸へ入つて、用箪笥の小抽斗の手匣てばこの中から、短かい鎖の付いた豆のやうな金時計を出して見た。 ...
  • お光はまた納戸へ入つて、懷中時計と旅行案内とを見比べつゝ、何んとも知れぬ悲しさに涙を拭いてゐたが、八時に近づくと、箪笥から着物を取り出して、亂れ箱へ入れた。 ...