納戸

全て 名詞
1,382 の例文 (0.02 秒)
  • あるいはそれは、幼き日に見た納戸の女だったのかもしれませんけれど。 ...
  • 彼の自宅へいくと、納戸のなかにアメリカの雑誌が山のようにあった。 ...
  • 女中部屋は納戸と同じ大きさですから、これで家の長さがわかります。 ...
  • 納戸口と中の口門の間の棟の一番端の目付部屋の隣に本部が置かれた。 ...
  • のみならず御納戸は、素人が見ても市価よりかなり高い買物をしていた。 ...
  • 納戸にしまってある昔の絵を、いつかまた見せてほしいとも云った。 ...
  • 納戸みたいなところに入れられて、それから別の場所にやられたの。 ...
  • 納戸で子供のようにままごとをしていたり、一緒に食事をしたりする。 ...
  • 家の奥に隠され忘れ去られた、今はもう使われていない納戸のような場所。 ...
  • 室に接している文庫のほかに、彼がごく大事にしてる納戸部屋なんどべやが一つあった。 ...
  • この上に知行を分けられては、お納戸の遣繰やりくりが付かなくなるからである。 ...
  • 押入れは大きく、縁側の端にも大きな納戸があるから収納にも困らない。 ...
  • すっかり静かになった納戸を前に、言うことなど、俺は何もなくなっていた。 ...
  • 峠には此の二軒のほかに、別な納戸なんどうまやも無い、これは昔からうだと云ふ。 ...
  • 納戸に入ったのは夕方のはずだったのに陽は煌々と頭上にあった。 ...
  • なのに私は、私が生まれた家の、納戸の話から始めねばならぬのです。 ...
  • 坪井君はなお気味悪くなり、布に包み箱に納めて納戸に隠してしまった。 ...
  • 次へ