納屋

全て 名詞
2,816 の例文 (0.02 秒)
  • どうだろう、あすにも機械をはこんでいって、その納屋でテストしては? ...
  • 母屋おもやのすぐそばに大きな納屋なやがあり、教会にしてもよいくらいだった。 ...
  • 庭のなかや納屋では、ランタンの丸い光が、いくつか動きまわっていた。 ...
  • すると納屋のどこかに誰かが拳銃をもって、彼の現れるのを待っているわけだ。 ...
  • 納屋の中だが、戸はあけてあるので、先夜の暮色よりは明らかに見える。 ...
  • そして、納屋の天窓の下に、一人の少女が立っているのを見たのです。 ...
  • 家の納屋に自転車を止めてから気づいたが、エリオは半分寝ていたのだった。 ...
  • 家家や納屋はどれも草葺くさぶきで、身軽な山羊が屋根の上で草をんでいた。 ...
  • 納屋に行かなければパイプをふかすこともできないといった具合でね。 ...
  • そして、裏の納屋なやへ馬をつれて行ってからあと、その小屋のなかへはいった。 ...
  • 「これが納屋だな」 イリヤはソロが小屋を見ているのに気づいていった。 ...
  • 地下室かどうか分らないが、納屋のある丘の下に埋まっていて窓一つない。 ...
  • 夜だけが死体のふりをして、夕は納屋までだれかをつれてくる役目だった。 ...
  • 彼らは納屋の角と家鴨の池の間を、それは誇らしげに歩いていました! ...
  • 納屋の前にあった自転車につけてある懐中電灯に、竜太はスイッチを入れた。 ...
  • 向うに、納屋なやとならんだ小屋から牛と馬が一頭ずつ首を出している。 ...
  • 昨年私はある機会から、この模範納屋の絵のある同大学の報告を見た。 ...
  • 次へ
    アマゾンで検索:納屋