納屋頭

21 の例文 (0.00 秒)
  • いずれも納屋頭と親分子分の強い関係で結ばれていた。 ...
  • 三井は納屋頭らの激しい抵抗にあいながらも1902年に田川炭鉱の納屋を廃止した。 ...
  • また、納屋頭の部下で炭坑夫を取り締まる「取締り」なども存在した。 ...
  • 坑夫やその家族が夢を持てるようにと労働の改革を進めようとするが、納屋頭たちの反対を受けて難航する。 ...
  • しかし炭鉱資本家が自力で坑夫の募集や管理ができるほどに力をつけるに従って、納屋頭の力を借りる必要はなくなっていった。 ...
  • 「勘場」とは納屋頭の部下で坑夫に対して前借金の貸し付けや金銭の授受を担当する人であった。 ...
  • 炭坑で働くことによって借金を返済することになるが、給料は納屋頭と呼ばれる個々の炭坑責任者が管理しており、実際にはほとんど支払われることがなかったといわれる。 ...
  • 坑夫を多く抱え、坑夫に多く稼がせるほど納屋頭は儲かった。 ...
  • 新次郎と会えない日々が続く寂しさを押し殺し、寝る間を惜しんで炭坑を手伝いながら納屋頭たちの説得を続けるうちに、やがて多くの納屋頭の賛同を得て改革を実行し、炭坑の人々から感謝されるが夫を差し置いて働く姿勢を叱責される。 ...
  • 炭坑には「圧制ヤマ」と呼ばれる厳しい掟があり、その掟に従わないものは納屋頭による制裁が加えられた。 ...
  • 伝右衛門は炭坑の改革に取り組み、命の危険がある納屋頭や坑夫の抵抗を治め、大断層の切り抜きを成功させると、抜けた先には良質の炭層が表れた。 ...
  • 住友忠隈炭鉱でも1929年に納屋が廃止された 炭鉱と言う過酷な労働環境に、納屋頭が暴力で労働者を送り込むという、「労働力の確保」という点で明治期の筑豊の炭坑を支えた納屋制度であるが、坑夫は納屋頭に制御されており、会社で坑夫を直接制御できないことが採炭会社にとっては大きな問題であった。 ...
  • 大納屋では、一戸建てで、独身坑夫が納屋頭とその家族、納屋頭の腹心の部下らと集団生活をしていた。 ...
  • 一方、中小の炭坑では第二次大戦の終戦まで納屋制度が続くか、会社の経営者が事実上の納屋頭として坑夫に圧制を敷いた。 ...
  • 納屋の管理は非常に厳しく、「嫌な人繰り 邪険の勘場 情け知らずの納屋頭」の歌が残る。 ...
  • 「人繰り」とは納屋頭の部下で「繰り込み」を担当する人で、坑夫の体調が悪くてもしばしば暴力的に坑夫を坑内に送り込んだ。 ...
  • 移行期には直接雇用制度と納屋制度を併用したり、納屋頭ではなく会社が納屋を直轄する「直轄納屋」などが試みられながら、筑豊の納屋制度は次第に解体され、会社が坑夫を直接雇用する制度となった。 ...
  • 次へ