納屋町

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 名古屋納屋町在の妙慶という人物の所有地であったことに由来する。 ...
  • 当地が納屋町の裏であることから納屋裏と称していたが、のち転じて菜矢鵜町と称されるようになったという。 ...
  • 名称の由来は、橋の西側に魚屋、または納屋が多くあり、そこからつけられた地名の納屋町から採られたという説と、橋の南東に尾張藩の米蔵が多くあったことからつけられたとする説の2つがある。 ...
  • 納屋橋の名の由来については、堀川右岸の倉庫街である納屋町に架けられた橋であるので納屋橋と呼んだとする説と、尾張藩の米蔵がこの付近にあったことに由来するとする説がある。 ...
  • このことから鹿児島との間の移動は加治木や帖佐の納屋町、重富の脇元などからの船便を利用するのが一般的であった。 ...
  • 現在、九州自動車道が別府川を横断する場所より少し上流側が、納屋町船と呼ばれる物資輸送船の発着場であった。 ...
  • 姶良市鍋倉地区・納屋町地区は、1595年12月に島津義弘が館をこの地に置いてから城下町として発展し、帖佐郷の中心地区となっていた。 ...
  • 納屋町船は「帖佐で名所は米山薬師、前は白帆の走り船」とうたわれる帖佐の象徴であった。 ...
  • 帖佐郷の野町は納屋町で、鍋倉地区の別府川沿いにあった。 ...
  • 祐竹新田は、1698年に開発が開始された新田であるが度重なる破堤により、赤塚町嘉兵衛、納屋町庄蔵の手を経て、戸部下新田と改称された。 ...
  • 浦浜としては、帖佐郷の松原浦、重富郷の脇元浦、半浦としては納屋町と十日町があった。 ...
  • 江戸時代の町名は三右衛門町・中橋町・船坂町・薩摩堀中筋町・薩摩堀東之町・納屋町・百間町・吉田町・西国町・立売堀一から四丁目・孫左衛門町・助右衛門町・立売堀中之町・立売堀西之町となっていた。 ...
  • 納屋町は、愛知県名古屋市中村区の地名。 ...
  • 東は上園町1丁目・和泉町1丁目・皆戸町1・2丁目・車町1丁目・西方町1丁目・材木町1丁目・伝馬町1丁目・袋町1丁目・本重町1丁目・竪三蔵町1丁目、西は西区塩町4丁目・大船町1〜4丁目・船入町1〜4丁目、南は納屋町1丁目・広小路通1丁目、北は南外堀町1丁目に接していた。 ...
  • 納屋町は、日本の地名。