納屋甚兵衞

4 の例文 (0.00 秒)
  • 月光は庭一杯を隈なく照して、曲者が此處へ出て來たとしたら、殺された加納屋甚兵衞には、何も彼も見えなければなりません。 ...
  • お里はそれつきり姿を見せず、時三郎にも加納屋甚兵衞を殺したといふ確かな證據は無く、平次の智慧でもこれ以上の發展はむづかしく、氣の揉める日が、一日々々と過ぎて行くのです。 ...
  • あの加納屋甚兵衞が、御金奉行をして居るとき、藩の大金を取込み、その罪を下役の石郷時之丞に被せて逐電ちくでんしたため、石郷時之丞は自害をして主君に申譯しました。 ...
  • その頃の江戸は、創業の殺伐さつばつな氣分が失せて、町人に大通だいつうや物識が輩出し、風流韻事ゐんじも漸く武家の手から町人の手に移つて行く時代で、加納屋甚兵衞最初は兩刀を捨てゝ蓄財に專念し、後に家業を放り出して、遊びと風流に打ち込んだのも、無理のない成行だつたのです。 ...