納屋小左衛門

5 の例文 (0.00 秒)
  • 母里太兵衛は、慎重に二つの米俵を納屋小左衛門の屋敷内に入れ込んだ。 ...
  • 納屋小左衛門は今だと思い、黒田如水の室と長政の室を乗せた小舟を淀川に向けてすべらせた。 ...
  • 母里はこのすきを見て、かねて用意の大きな箱に二夫人をひそませ、小舟にのせ、納屋小左衛門の家の裏の川から、大川筋に乗り出した。 ...
  • かよわい二人の女性を米俵に詰めて、太兵衛がそれを天秤で担いで、黒田家出入りの商人、納屋小左衛門の屋敷まで運ぼうという大胆な方策であった。 ...
  • 藩邸出入りの町人納屋小左衛門に相談をかけると、小左衛門は、お引受けします、ともあれ、てまえ宅までお連れなされよ、と答えて、自分の寝所の床下に畳じきのかくれがまでこしらえてくれた。 ...