納屋助左衛門

全て 名詞
27 の例文 (0.00 秒)
  • 納屋助左衛門、これが堺でも最も有力な人間であることは弾正も知っている。 ...
  • 納屋なや助左衛門は、御台さまが気を失ってはいるが、息のあることをたしかめた。 ...
  • もとは、桃山時代の豪商・納屋助左衛門の豪華な邸宅であったとの伝承がある。 ...
  • 要するに彼らが納屋助左衛門の手のものならば、助左衛門に貸しを作っておくために。 ...
  • いや、伴内の配下というより、あれは納屋助左衛門の秘蔵のもので。
  • 堺の納屋助左衛門が厨子丸を呼びたがり、また厨子丸も助左衛門を頼りに海外へ出たがっていたことを思い出したからだ。 ...
  • 「わたしもあの根来衆たちがあんな術を知っているとは想像もしませんでした」 「根来の坊主たちもさることながら、おれはそれを使う松永弾正という人物の方が恐ろしい」 と、同行していた納屋なや助左衛門がつぶやいた。 ...
  • 最初からプレイできるのは木下藤吉郎のほか、服部半蔵・九鬼嘉隆・納屋助左衛門・柳生宗厳の5人だが、ゲームの進行とともにカードを集めていくことでシナリオが増えたり、新武将のパーツが増えたり、別の主人公でプレイできたりするようになっている。 ...
  • スペイン征服に前後して日本の商人もルソンと交易し、戦国時代の商人・納屋助左衛門はここで貿易商を営むことで巨万の富を得た。 ...
  • そのときふと弾正は、昼顔の口から一、二度納屋助左衛門の名がもれたことを思い出し、どうやら助左衛門を知っているらしいので、ともあれ彼女を呼ぶ気になったのだ。 ...
  • 日本の商人もルソンと交易した記録が残っていて、戦国時代に堺商人の納屋助左衛門が貿易商を営んで巨万の富を得た逸話は最も良く知られている。 ...
  • 「いざ、こちらへ」 見ると、堺の納屋なや助左衛門という男だった。 ...
  • 納屋なや助左衛門の海外逃亡 ここに、もう一人、戦国時代の堺町人の気骨を徳川の初期まで持ちつづけた傑商がいる。 ...
  • また、堺の納屋助左衛門はルソン島での交易によって巨利を得たが、秀吉から邸宅没収の処分を受けることとなった。 ...
  • その厨子丸を堺へつれてゆけと納屋助左衛門から頼まれたところだが、伴内はそこへ飛び出すいとまもなかった。 ...
  • 「いや、そこで偶然お逢いしただけでござる」 と、納屋助左衛門は群盗騒ぎのことについては口にせず、ただそういっただけであった。 ...
  • その名を、納屋助左衛門といった。 ...
  • 次へ