納屋を焼く

全て 名詞
11 の例文 (0.00 秒)
  • また近日中に辺りにある納屋を焼く予定だとも。 ...
  • 本作は村上春樹の短編『納屋を焼く』を原作としているが、舞台を現在の韓国に移しており、ストーリーは大幅に異なっている。 ...
  • なお、この父親と、サーティーの兄は、「納屋を焼く」以降の作品にも登場する。 ...
  • また「納屋を焼く」ことには幾つかの読み方ができる。 ...
  • 日本の作家である村上春樹は、1983年1月号の『新潮』に、この小説の日本語訳と同名の「納屋を焼く」という作品を発表した。 ...
  • 「納屋を焼く」は、アメリカ合衆国の作家ウィリアム・フォークナーの短編小説で、最初は1939年6月号の『ハーパーズ・マガジン』に発表され、その後はいろいろな短編集などに収録された。
  • 村上春樹の短編小説『納屋を焼く』を原作としており、ユ・アイン、スティーヴン・ユァン、らが出演。 ...
  • 本作を皮切りに、村上の作品は「ねじまき鳥と火曜日の女たち」、「象の消滅」、「眠り」、「納屋を焼く」の順で採用されていった。
  • また、自分がもっとも繰り返し読んだ本も村上の『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』『納屋を焼く』『パン屋再襲撃』『中国行きのスロウ・ボート』のどれかであるとの事。 ...
  • 風丸良彦は、「納屋を焼く」におけるフォークナーの「Barn Burning」を想起させる箇所を、語り手の「おせっかい」、種明かしをせざるをえなかった「弱さ」とする。 ...