糸素麺

13 の例文 (0.00 秒)
  • 私はお前さんに言わなかったかね、蜜蜂の蜜でこさえた糸素麺クナフアを持ってきておくれって。 ...
  • そして彼は、糸素麺クナフアと見事なパンの煎餅と円形の白チーズを抱えて、自分の家に着きました。 ...
  • もしお前さんがあいにくと、今晩糸素麺クナフアなしで家に戻って来ようものなら、私はお前さんの頭の上に、お前さんの夜をまっ黒にしてあげるからね。 ...
  • お前さんが今日稼ぎがあろうとなかろうと、私には蜂蜜入りの乱れ髪糸素麺クナフア一オンスは、どうしたっているんだからね。 ...
  • だが、この彫りを入れた銅の皿の、上等な糸素麺クナフアのためにも、余地は残しておいてもらわなければならん。 ...
  • そら、お前の砂糖黍の蜜の糸素麺クナフアなんぞお前にくれてやるよ。 ...
  • 盆にはかりかりした乱れ髪の糸素麺クナフアが、上等な捏粉菓子らしい美しさを残らず見せて、広がっております。
  • わが卓布の上に汝なくては、死ぬほどの思い、わが生の一日だにも過ごしえんや、おお糸素麺クナフアよ、やあ糸素麺クナフアよ。 ...
  • 私が糸素麺クナフア五オンスを貸売りして進ぜよう。 ...
  • おお、見るも心おどるよ、広げられし卓布の中央まなか、大いなる皿には、バターと蜜とのなかに浮かびて、糸素麺クナフアの香るなり。 ...
  • そのうえ、丸焼きの雛鳥十羽とあぶった羊一頭、それから糸素麺クナフアと、もひとつはうまいチーズと蜜でつくった捏粉菓子と、この二品の大皿二つ、それにあらゆる種類の果物もある。 ...
  • また、詰物をした臓物、詰物をした南瓜、詰物をした羊肉、詰物をした肋肉あばらにく、巴旦杏と蜂蜜と砂糖で調理した糸素麺クナフア、ピスタチオを詰め、竜涎香の匂いをつけて膨らした軽焼煎餅、それから菱形巴旦杏菓子バクラワーなぞも、御身分に合うと思いますよ。