糠喜び

全て 名詞
27 の例文 (0.00 秒)
  • ぬか喜びをしては、手痛いしっぺ返しばかりを食らってきただろう? ...
  • 実は、はっきり決まらないうちに話して、ぬか喜びをさせるのもどうかと思って、ひかえていたんだが、私がかねて考えていたことが近く実現しそうになったのでね。 ...
  • ぬか喜びなどさせたら、末乃は本当に崩壊しかねない。 ...
  • この糠喜びという奴が政治には何より毒だ。 ...
  • もし、こんどもまたぬかよろこびに終れば、軍隊はもうバラバラに解体してしまうにちがいない。 ...
  • だがこれはぬかよろこびに過ぎなかった。 ...
  • 大公アルハンがどういう判断をするかは、まだわかっていないのだから、ぬか喜びさせては、かえってかわいそうだった。 ...
  • というわけで、これはぬか喜びに終わった。 ...
  • また、超能力者の協力を得ても依頼者をぬか喜びさせるだけで、メディアでいわれるほどアメリカでは超能力を用いた捜査は普及しておらず、その参考性も極めて低いことも明らかになった。 ...
  • 下手へたにぬか喜びさせるより、事実をつきつけたほうが、むしろ親切というものだったかもしれない。
  • ぬか喜びだったかと思い始めたとき、木が擦れるような音と、重いものを床に放り出す、どすんという音が聞こえてきた。 ...
  • 「いいえ、姉に何度も聞いたのですが、話してくれません」 せっかくの反応がたちまちぬか喜びになりそうであった。 ...
  • 病院側の受精卵の取り違えミスが原因で、待望の子供がぬか喜びだったと幻滅した夫妻は離婚協議を本格化させる。 ...
  • 孔子に会えば、どうせ正面からは反対の出来ないようなことを獻策されるだろうが、うっかり話に乗っていると、人民共は耳が早いから、それがすぐにも実現するように思って、糠喜びをするかも知れない。 ...
  • 君達では迚も御当人の嬢様がお気に入らんからね、ア糠喜びも大抵にして断念あきらめなさい。 ...
  • 僕は糠喜ぬかよろこびした自分に舌打ちした。 ...
  • 新宿ならば地の利に申し分はなく、私たちは歓んだが、結果はぬかよろこびに終った。 ...