粗忽の釘

全て 名詞
8 の例文 (0.00 秒)
  • 江戸落語では『粗忽の釘』の名で演じられている。 ...
  • そそっかしい一面の自分のほうは、「堀の内」「粗忽そこつ長屋」「粗忽の釘」のなかでみんなそっくり地でいきました。 ...
  • もうこの分じゃ一生涯この粗忽は直りそうもありませんから、せめてはこのうえはその分だけ高座で演る「粗忽長屋」や「粗忽の釘」、さては「堀の内」をせいぜい巧く演って埋め合わせるよりほかに手はないと思っていますね。 ...
  • 「熊公、新宅へ移つた喜びにのぼせて、隣の壁へ釘を打抜いて、却つて隣の細工師とその娘おいとに近付きになる」 このくだり、むろん落語の「粗忽の釘」である。
  • 江戸落語に詳しくないのでよくわからないが「小言幸兵衛」「稽古屋」「花色木綿」「粗忽そこつの釘」「三方一両損」「豆屋」「宿屋の富」などが含まれていたようだ。 ...
  • 主な演目には『蒟蒻問答』『魚根問』『粗忽の釘』『宗論』『寿限たら』『天狗裁き』『弥次郎』などがある。 ...
  • 他にも「碁泥」・「にらみ返し」「天災」「かぼちゃ屋」「猫久」「粗忽の釘」「青菜」「うどんや」などがある。 ...