粗忽

250 の例文 (0.02 秒)
  • 彼はパガネルに、結婚は君がなし得る〈最後の粗忽〉だと言いさえした。 ...
  • 粗忽そこつにも鏡の見当を間違えて、自分の頭や顔を鏡の中へ映し入れなかった。 ...
  • 彼女は少し粗忽なところもありますが、努力家なのは俺が保障します。
  • 人間一人ひとりの生命にかかることですから粗忽そこつにはできません。 ...
  • あの粗忽そこつな侍僕には阿片のはいっている小壜しかあずけませんでした。 ...
  • ことは重大なのだから、不注意や粗忽そこつがあろうとは思えないからです。 ...
  • 心ある者に見せたらばかえってその主人の粗忽そこつにして不風流なるを笑われる位だ。 ...
  • この粗忽が原因になって、私はこれから信用を得る事が無くなるのかも知れない。 ...
  • 王虎が門内にはいってくるのを見ると、彼らは恐れをなして粗忽そこつのないようにつとめた。 ...
  • わしはみなも知る通り少々粗忽なところがあるから、それも道理だと承知した。 ...
  • 私は心で今朝までいた宿屋の二階の一室を思い浮べて、自分の粗忽そこつを怒った。 ...
  • 私の粗忽そこつからきまりの悪い思いをしたこともあるが、心に沁みる話を聞くことも多い。 ...
  • この場所で粗忽があってはならないのだ。 ...
  • 彼れはいきなり板の間の洗面器へ、粗忽な足の先を突きあてた。 ...
  • 日本の一軍人の粗忽そこつさから発していた。 ...
  • かなり無礼な行為であったが、内匠頭は唯七の粗忽ぶりを知っていたので笑って許した。 ...
  • 爾朱栄は元略の姉の夫であったが、元略の粗忽な性格を嫌っていた。 ...
  • これはあながちに辻番人の粗忽や伊平の臆病とばかりは言われまい。 ...
  • そして路は、話を聞いたときに直感的にその滑稽さが兵六の粗忽とつながっていることを悟ったのであった。 ...
  • 演若は自分の粗忽から、自分で自分の頭を失うたと思った。 ...
  • 否その粗忽な人ばかりだと云つてもいい程、人々は憎む可き記者の捏造の世界に引入れられてしまつた。 ...
  • あなたのことだから、こいつは粗忽そこつで言つたことぢやないんだ、腹に一物いちもつあつてのことなんだ。 ...
  • 粗忽そこつにも沖縄を台湾の蕃地ばんちの続きの如く思ってはなりません。 ...
  • 同じ出場者である龍宮がさっきまでいたのに場所を聞いておくのを忘れるとは、何とも粗忽な話だ。 ...
  • もっとも、本人は無骨と言われようが粗忽そこつそしられようが気にしないに違いない。 ...
  • お疑いをかけましたのはてまえの粗忽そこつでござります。
  • 仕出し屋の女中の方では、食われてしまってもこちらの粗忽そこつだから文句のないところへ、米友が手を附けずに返してくれたのだから大へん喜びました。 ...
  • また、各場面ごとの男の粗忽ぶりを簡略化したり、逆に増やすことでも時間が伸長する。 ...
  • 次のページ