築山行事

15 の例文 (0.00 秒)
  • 御車山は京都の祇園祭の山鉾を模しながら築山行事を源流とし、移動できるように発展させたものと考えられている。 ...
  • この築山行事が終わると姥神が暴れるとされる言い伝えにより築山は大急ぎで解体される。 ...
  • なおいずれの築山行事も神事が終わるとそれぞれの神が暴れるとされる言い伝えにより、築山は大急ぎで解体される。 ...
  • 毎年4月23日に高岡市の二上射水神社では築山行事が行われる。 ...
  • 明治期に休止となったが1956年より復活したもので、高岡御車山祭の御車山は、この「築山行事」を移動できるように発展させたものであるとも考えられている。 ...
  • なお築山行事が終わると姥神が暴れるとされる言い伝えにより、築山は大急ぎで解体される。 ...
  • 復元には二上射水神社の築山行事で使用される富山県内最古の獅子頭といわれる源太夫獅子を元としている。 ...
  • 築山行事は毎年10月2日の本祭に、放生津八幡宮境内にて午前7時から午後3時に掛けて行われる、古代信仰の形態である神道と仏教が一緒になった、神仏習合の信仰行事である。 ...
  • なお、築山行事の神事が終わると二上山の悪い神様が暴れると伝わるため、築山は大急ぎで解体される。 ...
  • 富山県射水市の放生津八幡宮では江戸時代より、高岡市の二上射水神社では明治期に休止となり、昭和31年より復活し現在も行われている、全国的にも珍しい古代信仰の形態である築山行事が行われているが、ここ伊須流岐比古神社でも明治期まで行われていた。 ...
  • これは、祭礼期間中に曳山行事と築山行事が伝承され現在も行われており、全国的に稀有な祭礼形式であること、また、曳山行事としては高岡御車山祭に次いで県内では発祥が古く、360年以上続く曳山行事であることが評価されたものである。 ...
  • 放生津八幡宮祭礼曳山ならびに御車山は、この築山行事の形態を移動できるように発展させたものと考えられており、起源はよくわかっていないが、放生津八幡宮の築山神事は江戸時代初期より行われていたことが、1721年の「東八幡宮記録」や「築山古老伝記」に記録されている。 ...
  • この築山行事は能登にある石動山の伊須流岐比古神社でも行なわれていたが明治期に廃絶、富山県内でもここ放生津八幡宮と、明治期に休止となり1956年より復活し、同じく富山県の無形民俗文化財に指定されている、高岡市の二上射水神社で行われているだけであり、全国的にも珍しい行事である。 ...
  • これまで保存会は曳山行事の「曳山協議会」と築山行事の「築山保存会」の2つに分かれていたが、2017年4月1日に新たに合併し「放生津八幡宮築山・曳山保存会」として一体で継承活動をすることとなった。 ...