築山殿

全て 名詞
143 の例文 (0.00 秒)
  • 徳川家康の妻となった築山殿は彼の叔母にあたるから非常な名門である。 ...
  • つまり家康自身の事情で築山殿と信康を葬り去ったということである。 ...
  • 築山殿こそ、亡夫松平元康暗殺の秘密の鍵を握っている唯一の女性だった。 ...
  • 名家今川の一族をもって任ずる築山殿を、強く刺激せずにはおかなかった。 ...
  • それにも関わらず家康は築山殿を連座させており、いずれも不可解である。 ...
  • この時期、家康は嫡男・松平信康とその生母である築山殿を処刑している。 ...
  • 正妻築山殿をのぞいては、彼の愛した女共は一人として上流階級の出身者はない。 ...
  • そんな女に見返られて、築山殿も耐えられなかったのであろう。 ...
  • お勝は、お福を一目見たとき、その築山殿のことが頭をかすめたのだった。 ...
  • それに、今川氏のもとには妻の築山殿、嫡男信康をおいたままである。 ...
  • 築山殿のヒステリーは息子である信康夫婦のなかのよさまで嫉妬するようになりました。 ...
  • 築山殿を怨む徳姫は、すぐさま父信長のもとへ、つぎの通り書き送った。 ...
  • さらに築山殿がいかに家康の正室といえども武田氏と裏で外交ができるような力があったかも疑問である。 ...
  • 事もあろうに築山殿の侍女お万に、湯殿で手を出してはらませた。 ...
  • 築山殿が鞭打ったとするのは、彼女の嫉妬深いことをいうための作り話であろう。 ...
  • 怒ったのは築山殿ではなく、家康自身だとする。 ...
  • 正妻築山殿をのぞき、側室で殿の字のつくのはこの人だけである。 ...
  • 次へ