築山三奈子

全て 名詞
39 の例文 (0.01 秒)
  • 新聞部の築山つきやま三奈子さんによるルール説明は、あまり頭に入らなかった。 ...
  • 常識外れでぶっ飛んでいた築山三奈子つきやまみなこさまでさえ、去年はちゃんとそうしていた。 ...
  • 築山三奈子は記者より小説家になるべきだ。 ...
  • 人数が足りなかったのだろうか、引退したはずの三年生、築山三奈子つきやまみなこさままでがメンバーに入っている。 ...
  • 新聞部の部長、築山三奈子つきやまみなこさまは今日は珍しく堂々となさってのご登場だった。 ...
  • 「お待たせいたしました」 ノックしてすぐに開かれた扉から顔を出したのは、思ったとおり築山三奈子さま。 ...
  • 築山三奈子つきやまみなこさまが知ったら、涙を流して喜ぶだろう。 ...
  • 試験勉強にかまけて、築山三奈子ともあろう者が、この騒動昨日の午後まで知らなかったわけ。 ...
  • しかし自分が激しく動かしたから、なんて反省するような弱気な人間だったら、それは新聞部の部長築山つきやま三奈子ではない。 ...
  • それにしてもどういう人なんだろう、人のうわさを追いかけて記事にしちゃう築山三奈子さんって。 ...
  • 去年の新聞部部長である築山三奈子つきやまみなこさまが、前薔薇さまたちを取り込んでイベントを実現させたものだから、同じ手を使ったのだ。 ...
  • 「つ、築山三奈子でございますっ」 心の準備ができていなかったとみえて、三奈子さまはまごつきながら自己紹介した。
  • 引退したはずの築山三奈子さまは、本来の話し相手である真美さんを押しのけて、祐巳の前に出た。 ...
  • この三年間というもの、築山三奈子には一方的に、時にはかなり乱暴な取材をされ続けた。 ...
  • 築山三奈子さまはまた、探るように迫ってきた。
  • 去年これをかかげてルール説明していたのは、前新聞部部長にして『リリアンかわら版』前編集長の築山三奈子つきやまみなこさまだった。 ...
  • 他人のことを批判しないお姉さまがそこまで言うからには、築山三奈子さまというお人は、よっぽどの「困ったちゃん」なのだろう。
  • 次へ