築山や泉水

6 の例文 (0.00 秒)
  • そのうずたかい落葉の下に僅かに築山つきやまや泉水らしい起伏が残っていた。 ...
  • 築山つきやまや泉水の向こうに平家建ての洋館があり、その洋館とかぎの手になったところに離れがある。 ...
  • 城のあとは今日、ただ風が松を吹きならし、所々にそのむかしの築山や泉水をしのばす起伏が残っているのみだが、しかしここにひとり住んで風の音をきくことを私はきらいではない。 ...
  • 樹木の枝ぶりがどうだとか、築山や泉水の形がどうだとか云ったような、日本の庭園風のこましゃくれた技巧なんかは、清澄な空気のなかにあっては、余計なものであって、三千尺、一万尺、二万尺の高地では、澄んだ空気だけが、絶対美の世界を我々の眼前に髣髴させるのである。
  • 宏大な建物を囲繞いにょうして、林のようにこんもりと、植え込みが茂っている庭であり、諸所に築山や泉水や、石橋などが出来ており、隔ての生垣には枝折戸しおりどなどがあったが、鍵などはかかってはいなかった。 ...