竹馬の友であり

18 の例文 (0.00 秒)
  • 先達て途中で私を呼びとめた者がいるから、誰れだろうと思ってふり向いて見ると例の竹馬の友であった。 ...
  • 前田利家は織田信長の家臣であり、秀吉とは竹馬の友であった。 ...
  • 由来この二人は竹馬の友である。 ...
  • この弥吉とお幾との間に出来たのがかの小林浩平で、駅長とは竹馬の友であった。 ...
  • 四郎の竹馬ちくばの友であった。 ...
  • 竹馬の友である稲田教由との交友さえ絶っていたか、少なくとも、付き合いを他人の眼から隠していたとしか考えられない。 ...
  • 死刑になりかかったセリヌンチウスは、「メロスの竹馬の友であった」という。 ...
  • 本来なら同じ境遇の竹馬の友であるかもしれなかった嘉一郎に、せめて寄り添って、ともに嘆くべきだと考えたのにちがいありません。 ...
  • ちょっと親しく酒を飲むともう、竹馬の友であったかのように思いあがって、相手かまわず土足であがりこんでくるこの種の人たちは、決まって頼みもしないのに自分から心を開いてくる。 ...
  • この殷浩は桓温とは竹馬の友であったが、桓温同様に軍事力に長けていたことから成漢滅亡で権力を得た桓温に対抗するために擁立されていた人物だった。 ...
  • ヘルタでチームメイトのパルコ・ダルダイとは竹馬の友であり、幼少期には彼の父親でヘルタ監督であるパル・ダルダイと共に休暇を過ごしたりしていた。
  • 天誅組三総裁の一人松本奎堂とは竹馬の友である。 ...
  • 蘭医の小石元瑞や儒学者の篠崎小竹とは竹馬の友であり、また大塩平八郎とも長年親交している。 ...
  • 堺では私の竹馬ちくばの友である伊藤市郎氏、この方もよく慰みに網打に行かれたですが高部氏の話をしていさめたところが幸いに私のこいを容れ網を焼いて餞別にしてくれた。 ...
  • しかし、表面はどこまでも、竹馬の友である紀伊の庶子しょしと尾張の庶子とが打解けたさまで、 「何の頼みかと思うたら、江戸城の庭を観せてくれとはいと易い望みじゃ、幾日なりと滞在して御覧あるがよろしかろう」 と、吉宗は彼の深慮のあるところを知ってか知らずか、簡単に笑って承認を与えました。 ...
  • 小松にとって同年配の、畑英太郎、俊六兄弟は竹馬の友であり、「畑の太郎さんを見よ」と言われて育った。 ...
  • これは豊吉の竹馬ちくばの友である。 ...