竹馬の友

117 の例文 (0.02 秒)
  • わしの竹馬の友ともいうべきニコライ・ペトローヴィッチの御子息ですね?
  • 私が、あのかけがえのない竹馬の友と、どのような別れをしたのか。 ...
  • 本来は同性・異性を問わない、いわゆる「竹馬の友」を指す言葉である。 ...
  • その天使が竹馬の友と同じくらい親しいものだと彼女に話すことができなかったのだ。 ...
  • 竹馬の友を殺した私の動機とはいったいなんです? ...
  • 林は、熊本県人で鳥居とは竹馬の友、済々黌せいせいこうまで机を並べた仲である。 ...
  • 吾輩の竹馬の友といったら、今では君一人なんだからね。 ...
  • 先達て途中で私を呼びとめた者がいるから、誰れだろうと思ってふり向いて見ると例の竹馬の友であった。 ...
  • 前田利家は織田信長の家臣であり、秀吉とは竹馬の友であった。 ...
  • モオヴァル氏は自分の竹馬の友の、結婚生活の不幸を想像して可笑しい事に思うのだった。 ...
  • 堀尾君とは竹馬の友だから、常に有効な忠告を与えてくれる。 ...
  • あんたんとこのお父さんとは、竹馬の友だし、御先代には、一方ならぬ御指導をいただいた。 ...
  • この三人はもとから竹馬の友で、学校も同じければ、軍隊も同じ連隊でした。 ...
  • 由来この二人は竹馬の友である。 ...
  • 二人とも私の竹馬ちくばの友である。 ...
  • 人は皆竹馬の友を持ってるけれども、梓はかえって手鞠、追羽子おいはごの友を持っていたのである。 ...
  • 御組頭として、また竹馬の友として、このようなとき父ならどうするのでしょう。 ...
  • もう十数年前になるが、善さんが嫁を貰ったという話をきいたのも、彼の竹馬の友の魚屋の主人からだった。 ...
  • 緑雨は相応に影では悪語わるくちをいっていたが、それでも新帰朝の秀才を竹馬の友としているのが万更まんざら悪い気持がしなかったと見えて、咄のついでに能く万年がこういったとか、あアいったとか噂をしていた。 ...
  • 板垣退助とは竹馬の友で互いに「いのす」と「やす」と呼び会う仲であった。 ...
  • この弥吉とお幾との間に出来たのがかの小林浩平で、駅長とは竹馬の友であった。 ...
  • 「さっきの鍾馗、なかなかのものですね」 なにをいい出すのかと、東吾は竹馬の友の顔を眺めた。 ...
  • 大江は私の竹馬の友で、私のあらゆる出版はみんな自分が引受けると一人でのみこんでゐる男だから、私は遺言第一条の件を伝へた。 ...
  • いちばん考えられるのは、彼がはじめから彼女のまえで愛する親友の身を案ずる竹馬ちくばの友としての役割を演じたであろうということである。 ...
  • 山口のハネトと云ふ家の主人、佐々木氏の祖父と竹馬の友なり。 ...
  • 幼な友達を竹馬ちくばの友というのもここから出ているが、長ずれば皆それぞれに散ってゆくのが世のさだめである。 ...
  • 四郎の竹馬ちくばの友であった。 ...
  • この両者、元は同じ道場の門弟であり、竹馬の友であった。 ...
  • 次のページ