端役俳優

5 の例文 (0.00 秒)
  • その後も脇役俳優、ノンクレジットの端役俳優として出演を続ける。
  • 第二次世界大戦後も端役俳優として、満66歳の老境を迎える1966年まで、映画、テレビ映画を問わず出演した。
  • 設立第1作は、それまで京都市郊外の日活太秦撮影所の端役俳優であった当時20歳の近衛十四郎を主演俳優として抜擢し、白井の右太プロ時代の同僚脚本家・御荘金吾のオリジナル脚本を採用、白井が自ら監督をして製作したサイレントの剣戟映画『叫ぶ荒神山』を同年4月に発表した。 ...
  • 翌1934年初頭、同社から独立した監督の白井戦太郎が大阪府交野郡牧野村に設立した亜細亜映画に、御荘も参加してオリジナル脚本を提供、日活太秦撮影所の端役俳優だった近衛十四郎を主演俳優として抜擢し、同年4月に『叫ぶ荒神山』、同年5月に『曲斬海道旅』を発表した。 ...
  • 大部屋の端役俳優から身を起こし、1929年には、後藤岱山監督の『幡随院長兵衛 智の巻』『幡随院長兵衛 勇の巻』の金時金兵衛、同じく『からくり蝶 前篇』『からくり蝶 後篇』の天堂角之進等を演じて、悪役としての地位を確立した。 ...