空前絶後

320 の例文 (0.01 秒)
  • わざわざ二階の母の机の上に持っていったのは、空前絶後のその時一回限り。 ...
  • この数は空前絶後とされ、多くの教え子が日本地理学の発展に貢献した。 ...
  • 発売と同時に、空前絶後と言ってもよいほどの大反響を呼ぶのではないか。 ...
  • これ等はすべて、この空前絶後の鼻の裁判開始前の光景であります。 ...
  • この作戦の特徴は、空前絶後の大航空特攻作戦と国民の戦闘参加であった。 ...
  • 博士は此の空前絶後の凶変を世人に公表すべきか否かについて熟考した。 ...
  • 兄から反論されることも珍しいが、問いつめられることなど空前絶後だ。
  • 距離別のスペシャリスト化が始まっていた中、空前絶後の記録である。 ...
  • 空前絶後というのは、その気の大きさもさることながら、質にあります。 ...
  • ところがあのときは、わたしの人生において空前絶後の展開が訪れた。 ...
  • げに、稀世きせいにして空前絶後の妖術師とは、この二人のことでございます。 ...
  • イヤそれは大ボラだが、とにかく空前絶後の解明をやったのはホントだ。 ...
  • この速力は私の知る限りでは空前絶後で、尤も彼は一つも発表しなかつた。 ...
  • 今は人類の歴史で空前絶後の重大な時期であります。 ...
  • むしろ空前絶後と言いたいくらいに考えていた筆者であった。 ...
  • 二十四時間で六人のネクサス6型を処理した男は、たぶん空前絶後だろう。 ...
  • こんな風に戦場で頭に腸を乗せて腹を振るなんてあほなことは空前絶後でしょう。 ...
  • ここに大奥が空前絶後の栄えを見せた原因もあれば、彼の悪政の原因もある。 ...
  • 日本の鉄道車両史上、空前絶後とも言える極めて特異な流行であった。 ...
  • そのことが、やがて世界に空前絶後の動乱を引き起こすことになるのであった。 ...
  • この時の13万2000人を超える観客動員は空前絶後の記録となっている。 ...
  • いずれ世界制覇をお果たしになる、今世紀最大最後の空前絶後の英雄じゃがい。 ...
  • おれが稀世きせいの、空前絶後の妖術師であるかどうかを確認するだと? ...
  • 長く外国だけに滞在してたお前に言って分かるかどうか知らないけど、こりゃ空前絶後の数字だぜ。 ...
  • この信心はまったく空前絶後のものであったが、しかし彼はまったく馬に乗ったことがなかった。 ...
  • この国の歴史にいつまでも残るであろう、空前絶後くうぜんぜつごの大洪水でした。 ...
  • 七百曲のレパートリーをもつ管弦楽団とは、まず空前絶後であろう。 ...
  • この時、吉保に下しおかれた朱印状の文言は、空前絶後のものであった。 ...
  • 次のページ