祝詞

全て 名詞
1,102 の例文 (0.02 秒)
  • 彼は決して本心から祝詞なんかを望んでいるのではないのです。 ...
  • 此祝詞は、奈良朝製作の部分が、まだ多く壊れないでゐるものと思へる。 ...
  • それで延喜式祝詞が、古い祝詞で無い事は、此によつても明らかである。 ...
  • 祝詞のりとを言うごとにどんどんあたりの空気が澄んでいく気がする。 ...
  • 万葉集に現れて来る天つ罪と言ふのは、祝詞などに出て来る天つ罪とは違ふのです。
  • 特技では祝詞が奏上でき、大学時代には神道の神主資格を取得している。
  • 私は家へ帰ると、神棚から祝詞の小さな本を持って来て読んだ。 ...
  • そんなことからいつのまにかぼくも祝詞のひとつぐらいはあげられるようになっていた。 ...
  • 社殿の方で祝詞のりとなぞをあげる時にも、泣いておいでなさることがある。 ...
  • 神官はしどろもどろになり、祝詞は途中で切り上げる気になったらしい。 ...
  • 天つ祝詞の類の呪言が一等古いもので、此は多く、伝承を失うて了うた。 ...
  • それを見ますと、その中に祝詞があったことがわかります。 ...
  • 同時に、定住者である神職による祝詞とは明瞭に区別されるようになった。 ...
  • つぎに宮司は祗候していた場所を起ち、祭員が捧持してきた祝詞を受ける。 ...
  • 本殿前に幣殿・祝詞殿が接続し、両殿の左右から透塀が出て本殿を囲む。 ...
  • 先輩達が、講義をしてゐる所を見ると、祝詞は訣るものだと思はれる。 ...
  • 知らせを聞いた近隣の人々が続々と駆けつけて来て祝詞を述べる。 ...
  • 次へ