祝詞文

7 の例文 (0.00 秒)
  • また祝詞奏上の際に拍手のため祝詞文を懐中にしまうのは礼としてふさわしくない。 ...
  • 詞の冒頭部分は漢文体、中間以降は和文体の祝詞文で宣命書の表記法を用いている。 ...
  • そして、机を二つばかり重ねて、その上に神鏡を据え、しきりと何かの高さを、計測しているようであったが、やがて不安げにうなずくと、背後の祝詞文に明かりを向けた。 ...
  • そしてその紙帳というのは、祝詞のりと文の反古ほごつないだものに渋を塗ったのですが、偶然にも高代という二字が、頭と足先に当る両方の上隅に、同じよう跨っているのです。 ...
  • 水位は多田の功績を称えて神界より位階を賜り、小松島での神葬祭の折に祝詞文を奏上して遺徳を偲んだ。 ...
  • 祝詞文の中に眞篶刈信濃國伊都速伎浅間山に鎮坐須磐長姫神爾副弖守良須「日日津高根王命」とある此の神が杉山僧正の別称であるとした。 ...