祝詞奏上

41 の例文 (0.00 秒)
  • なお祝詞正案は、祝詞奏上のために使用される小型の案である。 ...
  • また祝詞奏上の際に拍手のため祝詞文を懐中にしまうのは礼としてふさわしくない。 ...
  • その講義では、祝詞奏上の後に二拝二拍手一拝を行う作法が指導されていたといわれる。 ...
  • 年頭の将軍朝賀使による御祝詞奏上に答礼のための勅使・院使の差遣である。 ...
  • 社前で別当社僧の読経が行われ、続いて神主の祝詞奏上と神楽の演奏が行われた。 ...
  • 祝詞奏上が終わり、いつものように陽介が禰宜から玉串を受け取った。 ...
  • 一説には、祝詞奏上などの際の拍手を取りやめた理由は、途中で拍手をすると心持ちと作法が中断されてしまうという指摘があったためであり、また、拍手を伴わない皇室祭祀に倣うという意味もあってのことだといわれている。 ...
  • 創建の経緯から、神主による祝詞奏上の後に無量光寺住職による神前読経が行われる。 ...
  • 斎主は、祝詞奏上後に祝詞を巻き、祝詞正案の上に置く。 ...
  • 神社神道の神職や巫女などによって行われるものは、日々の勤しみとしての祝詞奏上や神楽があり、これらは祈りとしての祀りであり巫でもある、個人の祈願祈念として祓いや地鎮祭などは、神社に依頼して神職によって行われる。 ...
  • やがて宮司が祝詞奏上後、神餞物をおろし、拝殿で直会を行う。 ...
  • 一方で、拝礼の行事において従来通り二拝に続いて拍手を行うことにしたのは「拍手の作法は古来神社祭祀においては、祝詞奏上につづく拝礼において拍手を行うことになっている」からであった。 ...
  • 具体的には従来は御扉開閉、御幣物献撤、祝詞奏上の際に宮司や幣帛供進史等が行ってきた二拍手を省いた。 ...
  • 午後5時半頃から祝詞奏上・お祓い・玉串奉奠などの神事が行われ、午後6時頃から巡行を開始する。 ...
  • 最後の一拝を加えた理由について、神社新報の記事は、式部寮の神社祭式では祝詞奏上を拍手で終えるが、実際の作法上それでは何とも締まらないため、祝詞奏上を一拝で終えるような指導をしたのかもしれない、と推測している。 ...
  • 祝詞奏上には拍手を伴わないのが故実である。 ...
  • 大祝とは祭礼のときの祝詞奏上役で、『鹿島神宮誌』所載系図によると則方は天正年間の大祝となっている。 ...
  • 次へ