祝詞を述べ

19 の例文 (0.00 秒)
  • 少佐もまたこうした神の訪れについて彼に祝詞しゅうじを述べた。 ...
  • ボールに祝詞を述べなければならない。 ...
  • というのは、冬、ロンドンから郵便馬車で旅をするのは冒険好きな旅客に祝詞しゅうしを述べなければならぬほどたいへんな仕事であったからだ。 ...
  • 此時ステパンが思ひ出したのはネウスキイで帝に拝謁した時、帝が此女と自分との約束が出来たのを聞かれて、ひどく喜ばしげに祝詞を述べられたことである。 ...
  • 新婚の夫婦が帰宅したとき、最初に祝詞しゅくしを述べにあらわれたのはシドニー・カートンであった。 ...
  • 剃刀を手にしてたたずみながら、突然僕は自分の動作のほんの習慣的性質に気付き、剃刀を握っていることに対して、自分の手に皮肉に祝詞を述べた。 ...
  • この時ステパンが思い出したのはネウスキイで帝に拝謁した時、帝がこの女と自分との約束が出来たのを聞かれて、ひどく喜ばしげに祝詞を述べられたことである。 ...
  • 歯に衣きせぬこの坊さんは、以前桂小五郎に文はどうかと持ちかけたことを知っていて、かれより玄瑞がよかったと祝詞を述べているのだ。 ...
  • 「わたくしどもも、祝詞を述べにまいらねばなりますまいな」 夫の弥介吉房に、ともヽヽは言った。 ...
  • 鶴松誕生の祝詞を述べに、腰痛をおして出てきた吉房である。
  • 更年期障害も重なり静養を続けていたが、2006年に新年の祝詞を述べるため一度帰京した。 ...
  • 三の丸御殿の普請がすみ、桂昌院が移ってきた当日、綱吉は祝詞を述べるために母を訪れた。 ...
  • この言葉を聞きつけると誰も彼もが先を争って、単に彼が猊下から素晴らしい引出物を賜わったということばかりではなく、二時間にわたって光栄にも猊下のお話相手をつとめたということについてジュリアンに祝詞を述べた。 ...
  • 駅につくと、村長が長々と祝詞しゅくしを述べた。 ...
  • そしてピルキントン氏はもう一度、低い食糧配給と長い労働時間と、動物農場に一般に放縦の気風の認められなかったことについて、豚たちに祝詞を述べたのであった。 ...
  • 毎年1月11日、管領以下を召集して開催され、まず奉行人より任命された右筆が祝詞を述べ、管領や評定衆が将軍に対して太刀を献上し、将軍側からも太刀を下賜するなど鎌倉期に比べて形式的な要素が強くなった。 ...
  • やせ衰えたサン・タントワヌが、皆が兄弟のように抱擁したり、祝詞しゅくしを述べ合ったりする喜びで、わずかなかたい苦いパンをできるだけ柔らかくした歓喜の週をたった一週間過ごしたころ、マダム・ドファルジュはいつものように客たちに采配を振るいながら勘定台に坐っていた。 ...