祝詞を奏し

5 の例文 (0.00 秒)
  • 私たちは拝殿に立ちならんで三分ほど上体を折りまげ、祝詞を奏しおわった河合さんから祓いを受けた。 ...
  • 一番の射手がまずウマを進めて立ち出、祝詞を奏し、終わって中啓を出し、扇捌きをなし、そのままウマを馳せ出し、中啓を前方に高く投げ揚げ、取りかけて一の的を射る。 ...
  • 御坐が微声で祝詞を奏し、湯立の舞や和舞〈さきにみた百済系和氏の舞ということである=金〉などがあって、大臣以下退出の後に御坐・物忌・神部らの歌舞がある。 ...
  • 記紀や『古語拾遺』に、忌部氏の祖神・太玉命が幣帛を担当し、中臣氏の祖神・天児屋命祝詞を奏したとの伝承がある。 ...
  • 午前9時40分から宮内勅任官総代1名と同奏任官総代1名が参列し、掌典長以下が神饌と幣帛を奉奠し、賞典長が祝詞を奏し、天皇が黄櫨染御袍の装束で内陣の座に参進し、掌典の奉仕する御鈴の裡に玉串を奉奠して親拝を行った。 ...